犬だらけ
inudarakee.exblog.jp

 
犬だらけ
~ココロノクスリ~

"犬"それは
貴方のココロの処方箋
私のココロの常備薬

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
メインページはこちら
最新の記事
いろいろ
at 2013-01-12 12:26
手作りパン
at 2013-01-10 02:20
おいしい いただきもの
at 2013-01-08 01:44
添い寝
at 2013-01-05 10:05
隠れキャラ
at 2013-01-04 22:52
元日の過ごし方
at 2013-01-02 22:58
Happy New Year..
at 2013-01-01 01:02
LINK オススメのサイト
カテゴリ
記事ランキング
ブログジャンル
以前の記事
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
    © 2012 犬だらけ
ファン
<   2006年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧
ゴマの誕生日
今日はゴマの誕生日。

ゴマ公開プロフィールでは8歳となる。
うちに来てから、3回目の誕生日。

この1年色んな事があって、ゴマにとってはググッと老け込んでしまった
1年だったと思う。
ゴマの身体の年齢はとてもじゃないけれど、8歳の犬ですなんて言えない。
でも毛が短いせいか若作りはバッチリで、今だにパピーに間違われる事もしばしば。
そんなに若く見えるかなー?

また、冬の厳しい寒さはゴマの身体に良くないと考え、秋頃から家のトイレで
排泄をできるように心掛けたところ室内のトイレで排泄ができるようになった!
(介護ハーネスをつけて、トイレエリアに連れて行きます。)
もよおすまでに時間が掛るので、時間がない時は外に連れて行ってしまうけれど、
雨の日や寒い日にはとても助かるのです。

ぢ・・・ぢつは、誕生日と気がついたのが夜だったので、
今日はボーロを少し多めにあげただけ。
今週末お祝いするからね~。

おめでとう、ゴマ。
e0059267_161169.jpg

by kakakaka_dogs | 2006-10-30 23:59 | 犬と日々
凛の快気祝い
今日は地域雑誌?のぱどに乗っていた、犬の服屋さんChy&Myuに行ってみた。
ぱどを持っていくと、10%オフになるのだそう♪
どうやらオープンしたてのようでHPなどはまだないらしい。

凛の快気祝いに、また首のところに毛が無いのでできればハイネックとか
首の辺りが隠せる薄手の洋服が欲しいと思っていた。

結局ハイネックのものは無かったけれど、可愛い柄を発見♪
ブタさん柄。

さっそく試着をと思ったところ、こちらは試着がNGなのが残念。
でもサイズを測ってくれて、背中になら乗せても良いという事で悩んだ挙句
凛とのんに色違いで御揃いのシャツを購入~♪
着せてみると、かわいい~♪
e0059267_14514934.jpg

しかも男の子達はおしっこがかかってしまうのが悩みの種だったけれど、
凛ものんも大丈夫だった!
これはとても嬉しい♪

来週はこれを着てお出かけしようね~♪
オープン記念に、ハンドタオルを5頭分も頂いちゃいました。

夜は父を除く家族全員で、レッドロブスターに食事に行った。
今月末までカニフェアなので。。。

カニタベターイ

やっぱり皆で食事は楽しいね~。
でも、最近5歳になる姪っ子がカニの広告を持ってきて、
「食べたい♪」と私に言うのが恐い・・・(笑)
by kakakaka_dogs | 2006-10-29 23:59 | 犬と医療
凛の抜糸
今日は凛の抜糸の為に、八王子の病院へ行く。

ついでに、昭和記念公園のイエローコスモスが丁度見頃なので
帰りに立ち寄る事にした。

先週よりお弁当作りに目覚めたので、今日もイソイソとお弁当を作った。

環八は混んでいたけれど、中央道は順調。
病院は空いていた。

中へ入ると受付のスタッフさん達が、凛のことを覚えていてくれて声をかけてくれた。
直ぐに先生が来て、抜糸~。
傷口はちゃんとくっついているらしく、もうシャンプーもOKなのだそう。
でも恐くて当分しないけどね。

もうドライフードもカリカリであげても大丈夫でしょうとの事だった。
気になったところは、咳をするりんの声が今までと違うことだったので聞いてみると、
時期に元に戻るらしい。
通常の吠える声は今までと変わらないので、心配はいらないとの事だった。

これで何も問題がなければこちらの病院でお世話になるのは今日で最後。
会計を済ませて、先生やスタッフの方に挨拶をした。

本当に良い病院に出会えてよかった。

こちらの病院は緊急病院というだけあって、色々な設備がある。
受付の隣のパネルには設備の説明と検査に必要な金額が書いてある。
凛を連れて飛び込んだ時には気付かなかったけど、金額が書いてあると判りやすい。
パネルの隣には2Fのフォトスタジオで撮影した凛に似た可愛いチワワの写真が。
e0059267_2238720.jpg


そして凛が喉に詰まらせたおやつは、こちら↓プチササミ(10円玉大)
プチじゃないタイプもあって、それは親指と人差し指で丸を作る位の大きさ。
(下の2つ並んだプチササミの画像右側は実際凛に詰まっていたもの)
私達も今まで何度かあげた事があるおやつだった。
e0059267_22385519.jpg

力を入れれば手で割れるけれど、すっごく硬い。
お湯でふやかそうとしても全然ふやけませんでした。
パッケージの裏には詰まらせない様にと注意書きがあります。

うちはもう2度とあげる事はありません。
みなさんも十分注意して欲しいと思います。
あげる時には食べている間、目を離さないで欲しいです。
凛が喉に詰まらせた公園の売店で、プチタイプもプチでないタイプも売っています。
またペットショプでもこのおやつはよく見かけます。

凛の場合幸い直ぐに気が付き、また何が詰まっているのかという事や、吐かせても
出て来なかった事などを的確に医師へ伝える事が出来たので事なきを得ました。
(レントゲンにも映りませんでした)
後日、先生には的確に教えてもらったから、今回は適切な処置が出来たと言って頂きました。

でももし気が付かなかったら、何を食べたのか判らなかったら・・・。
自分で症状を訴える事が出来ないので、私達飼い主が気をつけてあげなければなりません。
(私が言える立場ではありませんが…)
くれぐれもおやつやご飯、特に、硬いガムやジャーキー等あげた時は気をつけてください。
どうか、2度とこのような事が起きませんように。

また、今回の医療費など参考になればと思うので詳細を記載します。
病院へ飛び込んでから今日の抜糸までで掛かった費用は、総額213,415円(医療費のみ)。

・   1,050円・・・初診料×1
・   1,050円・・・処理料(留置)×1
・  15,750円・・・点滴×3
・   8,400円・・・抗生剤注射×8
・   1,050円・・・内服薬×10
・  26,250円・・・内視鏡検査(検査麻酔込み)×1
・   4,725円・・・レントゲン×1
・  21,000円・・・手術麻酔×1
・ 105,000円・・・食道切開異物除去手術×1
・  18,900円・・・入院(インキュベーター)×4日・・・>お見舞い時にいたケース
・   7,350円・・・入院(通常)×2日
・     736円・・・食事(入院時分)
・   1,104円・・・食事(持ち帰り分)
・   1,050円・・・抜糸代
-------------------------------------------
計213,415円

当時私は無我夢中で費用など気にしてなかったし、内視鏡で診てもらえれば
切開手術にまでなるとは思っていなかった。
もちろん凛も連れて帰れると思っていて、現金はたまたま10万程度持っていたので
足りるだろうと思っていた。(カードも持っていたので)
それが、全然足りませんでした。
当日は入院になったので内金の1万円だけ先に払った。

うちは多頭なので、月々の保険の金額を考えれば、今回のように突発的なものでも
その都度支払う選択をしている。
でも頭数が少なければやはりペット保険に加入していた方が良いかもしれないと思った。
(今回も保険加入かどうか聞かれた。)
人間のように保険が利かないので、何かあるとやはりそれなりの金額になってしまいます。

ここで保険についても考えてみては如何でしょうか。
(私は全く詳しくないのですが、幾つかあげておきます。)
掛かり付けの病院が保険が適用できるか等も重要なポイントになると思います。

アニコム
ペットライフ
I PET CLUB
ペトモ

などなど・・・他にも、『ペット 保険』でネット検索すれば沢山でてきます。
うちも多頭飼い向けに何かプランがないか調べてみようかな。。。

病院を後にして、昭和記念公園へ。
公園へ向うまでの道で、公園から病院へ向うときはここが渋滞していてイライラしたねー。
なんて話しながら、あの時がウソのように元気になった凛を連れているのが嬉しかった。

公園へ付いてまずは、コスモスの広場へ向った。
e0059267_12375371.jpg

凛は無理をさせず直ぐゴマと一緒にカートで移動。
他の3頭は歩いてお散歩した。
うーん、銀杏のカオリがきついねー。

頑張って歩いて、コスモスの広場に到着~♪
今回はイエローコスモス一色なので、ちょっと地味だった。
先にカラフルなコスモスを見ちゃってるからね。

写真を取ったあと、近くのコスモスの見える広場でお昼にした。
e0059267_12382711.jpg

今日のお弁当は、細巻き4種とキャベツメンチ、揚げ餃子、海老シュウマイ、
ウィンナー、ゆで卵。

やっぱり外で食べるのは私が作ったお弁当でもなかなか美味しく感じるな~。
わんこ達の攻撃をかわしながら食べるのは大変だけど・・・(笑)

私たちのご飯が終わった後で、わんこ達にはボーロをあげた。

その後昼寝しようとおもったけど、あんが寝てくれない・・・。
e0059267_12415013.jpg

みんな大人しくお昼寝モードなのに~。
段々寒くなってきてお昼寝は断念。

コスモスエリアを後にして、杏お待ちかねのドッグランへ。
e0059267_12391681.jpg

暫らく杏の相手をして公園を後にした。(他の子達は思い思い行動中)
e0059267_12393624.jpg


夜は余ったキャベツメンチを実家に持っていて、実家でみんなで食事した。
実はキャベツメンチを作るのは今回が初めて。
私の勤める会社の近くにキャベツメンチが人気のお店があって、
それをを食べてからちょっとハマっているのです~。

ネットでレシピを調べてみたけどビビビっとくるレシピが無かったので、
本にのっていたメンチカツの材料を調べて、分量は適当でキャベツをたっぷり
追加して作ってみたのだけれど、なかなかグー♪
家族にも好評だった♪♪
by kakakaka_dogs | 2006-10-28 23:59 | 犬と医療
城北中央公園
凛がとても遊びたそうにしているので、
久しぶりにお弁当を作って、母を誘って近くの公園へ行こう。

今回のメンバーは、凛、のん、杏、ゆん、ジュン、ヒジキ、ミスドの7頭。
フレックとネロと一緒にゴマも父に預かってもらった。
(ゴマの拾い主だしね)

そう遠くないところにある城北中央公園。
少し駐車場が混んでいたけれど、20分程で入ることができた。

こちらの公園にはドッグランがあって、以前一度だけ利用したことがある。
休日なのでわんこが多くておもちゃは出さなかったけど、みんな思い思い遊んでるね。
e0059267_13144720.jpg

凛はミスドにベッタリだったけれど楽しそう~♪

暫らく遊ばせて、お昼~。
e0059267_13152918.jpg

お弁当は、細巻きにから揚げ、かまぼこ、ウィンナーにウズラのゆで卵。
うちのワンパターン弁当~。
(母から娘へ確り受け継がれております。(大げさな。笑))

凛には持参したご飯と他の子達にはボーロをあげた。

その後またドッグランへ行くとさっきよりも賑わっていた。
杏ゆん以外はアダルトチームだったので「もう十分遊んだよ」という感じで
私たちの周りから離れなくなったので帰ろうか。

今日はアイテムなどを使って遊んであげる事は無かったけど、
みんな思い思い行動してリフレッシュしたようだね♪
by kakakaka_dogs | 2006-10-22 23:59 | 犬とおでかけ
退院翌日
今日は安静にしていて欲しいと思って家でゆっくり過ごした。
散歩の時はバンダナをつけてハーネスでお散歩。

すると、バンダナしてて可愛い~と声をかけてもらったらしい。
お散歩はいつものコースでは物足りなかったらしく、延長を希望したのだそう(笑)

さらにさらに、凛と杏はおもちゃを持ってきて投げてと言ってくるけど、
今日は我慢させた。

もう遊べるくらい元気なんだね。
じゃぁ、明日は公園に散歩に行こう。

一つ気になることは、咳をした時の凛の声が違う~~。
これって元に戻るのかな?

e0059267_11401396.jpg

(散歩に行きたい時はいつもココから、エヌ氏に合図を送ります(笑))
by kakakaka_dogs | 2006-10-21 23:59 | 犬と日々
凛、退院
いよいよ凛の退院の日。
3日間会ってないだけだったのに、もう1週間以上離れていたように感じる。

今日は仕事を午前中で切り上げ、午後半休をとった。
エヌ氏は定時後直ぐに電車で病院の近くの駅で合流する。

凛をひとりで車で連れて帰るのは嫌だったので、
なんとか時間を調整し2人で迎えにいけるようにした。
車で向う私は最近寝不足だったので、出発前に軽く仮眠した。

夕方17時半頃に自宅を出発。
道はそれなりに順調で、丁度カーナビの指示に従いやすい混み具合だった。
エヌ氏も順調に会社を出れたのだけれど、中央線が車両故障で遅延。
JRってほんと電車が止まるの多すぎ~。
車で向った私の方は順調で予定より早く着いてしまったので、
八王子出口直前のSAで時間調整した。

そこで妖怪ドリンクなる気持ち悪いモノが売ってたので、試しに購入~♪
e0059267_1056272.jpg

(中身はフツーのジュースだそう。→自分は飲まない(笑))

電車はノロノロで止まったり動いたりを繰返し、
結局時間調整しても待ち合わせしていた駅ではエヌ氏の到着を待った。

病院には予定より30分遅れで到着。
予め遅れるかもしれない旨を伝えておいたのでよかった。

先生が凛を連れてきた。
凛は尻尾をブンブンと空が飛べそうなほど振っている。
先生が診察台に凛を乗せると、すぐさま私の身体によじ登って、
チューの嵐。
包帯を外しているのを始めてみたけれど、
やっぱり胸のフサフサはなくなっていた。。。
そして首の傷口が痛々しい。

キズはもう痛くないのかな?
今回も痛そうな素振りは全く見せずに喜んでいる。

2、3日は食事は病院から処方されたウェットフードにして、5日分の抗生剤を受取った。

また、凛に持ってきていた玩具とブランケット、そして凛の食道に詰まっていたささみチップと、
サンプルとして渡したささみチップも返してもらった。(いらないけど・・・。)
e0059267_10581181.jpg

(左がサンプルで右が凛の食道に詰まっていたささみチップ。)
全くそのまんまの形で詰まっていた。

抜糸まではシャンプーだけ待つようにということで、散歩も何もかもOK。
その他の日常生活は病気ではないのでフツーに生活してOKということだった。

会計をして病院を後にした。

帰りに少しコンビニに立ち寄った時に、凛を散歩させてあげようとエヌ氏が
連れ出し、私は店内へ。
店を出るとエヌ氏が凛を抱いて立っていた。
どうやら下へ降ろしても、抱きついてきて離れないみたい。
私がいないのが嫌なのだそう。
全く、可愛いんだから。

凛があんまりワサワサするので、時々喉の糸を触ってしまう。
手術後はやっぱり痛々しく、点滴の後も残っている。
e0059267_104854.jpg

たまたまわんこ用のバンダナがあったのでそれで覆ってあげると、
いつもの凛になった。
e0059267_1050654.jpg

実家に寄ると、違うニオイがするのかわんこ達の洗礼をうける凛。
トイレで必死にマーキングしていた。

後は来週の抜糸のみ。
早く元通りになるといいなぁー。
by kakakaka_dogs | 2006-10-20 23:59 | 犬と医療
凛のお見舞い
凛、緊急手術&入院。

今日は休みをとっていて本当に良かった。
昨夜は凛の事を気にしているせいか、寝ていても何故か食道の辺りが苦しくて、
何度も目が覚めた。
凛の辛さはこんなものではなかったと思うけれど、苦しかったんだろうな。

面会の時間が14:00からなので、その前にわんこ達のフードを買いにいった。
お店の方に「わんちゃんはみんな元気ですか」と聞かれて、
少し切なくなったけれど凛のことを話した。
「でも大事に至らなくて本当に良かったですね」と言ってもらって、嬉しかった。

その後、渋滞している首都高を抜けて中央道で八王子へ向った。
面会の時間よりだいぶはやく来てしまったので、
近くの喫茶店(カフェというよりもこっちの方が合ってるので)へ行った。
本当に昔からあるような喫茶店で、決してドッグカフェというようなところではない。
近所のおばあさんや、おばさん、近くのビジネスマンが立ち寄るような喫茶店に、
犬も入れてもいいですよという感じだった。
e0059267_95945100.jpg

なので、私たち以外は犬連れではなかったけれど、快く迎えて頂いた。
(人間メインのお店なので犬関連のサービスはなし)

1時間程休憩して病院へ向った。
今日はエヌ氏も一緒に凛の様子を見に行く。
他の犬をカートに入れて待合所におかせて貰った。

凛は昨日と打って変ってとても元気。
私達を見るなりはしゃぎだした。
左腕には靴下を履かされて、チューブで常に点滴されている。
余り動かないように制止させようとするけれど、嬉しくてできないみたい。
先生に、持ってきた毛布とおもちゃを入れていいかときいたところOKだったので
敷いてあげた。
凛は傷口が傷くないのだろうか、怪我などしてないかのようにはしゃいでいる。
このまま連れて帰りたい・・・!
凛が興奮する為、余り長くいるのも良くないのでお見舞いは短時間に留めた。
病室を出るとき、凛がキューンと鼻を鳴らして寂しそうだった。
e0059267_1033271.jpg

隣にこんなに小さなチワワちゃんも入院してるんだもの、凛も頑張れるよね。

凛を迎えてから、私たちが用事でいないときはいつも実家にしか預けた事がなかった
ので始めて一人で知らない場所で過ごす凛。
1週間の我慢だからね、頑張ろうね。

その後、退院の日について先生と相談した結果、
20日(金)の夜に退院する事に決まった。
その頃には柔らかいものであれば食事も普通にできるとのことだった。

遠いので退院までお見舞いに行くことができないけれど、早く良くなってね凛!!

帰りは、また昭和記念公園へ行って4わんを散歩しながら、
昨日見に行く事が出来なかった場所のコスモスを見に行った。
時間がなかったのでドッグランは利用しなかった。
e0059267_1063016.jpg

ピンクの縁取りのコスモスが可愛かった。
3箇所あるうちの1箇所はまだ見頃ではないらしいので、
今度はまた5わんでこれると良いな。

凛がとても元気だったので安心した。
本当に良かった。

※画像は記事より後日にUPしました。
by kakakaka_dogs | 2006-10-16 23:59 | 犬と医療
昭和記念公園・・・凛、緊急手術&入院
今日はコスモスを見に、昭和記念公園に5わんを連れて遊びに行った。

まずは、ドッグランへ。
e0059267_9455953.jpg

暫らく遊んだ後、売店でおやつにボーロとプチささみを買って
コスモスの咲く広場へ向った。
e0059267_9482712.jpg


コスモスが咲いている場所で、色とりどりのコスモスを眺めたり写真を撮った後で、
私たち用の食べ物を仕入れて広場でお昼にした。
わんこ達には、プチささみチップ(10円玉より少し大きい位の硬いジャーキー)をあげた。
歯が強いのん、ゴマ、杏はバキバキッとあっという間に噛み割って食べていた。
よく噛んで食べる凛とゆんはカミカミしていた。

e0059267_23485813.jpg
(この画像プチささみをあげる直前の画像でした…)

私達もお団子などを食べながら、お稲荷さんの中身のご飯をわんこ達にあげようとしたら、
食べているおやつを他のわんこに盗られると思ったのか、ご飯が欲しくて焦ったのか、
凛がプチささみを飲み込んでしまったようだ。

直ぐにグゥグゥ言い出したので、逆さまにして振って吐かせたけれど、
嘔吐物にプチささみの欠片さえも混ざっていない!

でもつかえた物が取れたかもしれないと思って、溶けやすいボーロを上げてみた。
すると食べる。
でも元気がない。
もう一度逆さまにして振ってみたけれど、吐かなかった。
地面に置くとフセをする状態で、寝転んでしまう。

そして時折、声というかグゥゥと身体を鳴らすので、急いで駐車場へ戻って、
近くの病院を探す事にした。

駐車場に戻ってもう一度凛を逆さまにしてみたけれど、やっぱりダメだった。
吐いてくれない。

幸い直ぐ近くに病院がある!!
A動物病院へ駆け込んだ。

こんなに大きな公園の近くだから休日でも営業してくれているだろうと願いながら
行ったけれど、休診だった。

でも中に獣医さんらしき人がいた・・・一瞬助かった!!と思いインターフォンで
出てきて貰って事情を説明したけれど休診日なので検査できないとのことだった。

凛の状態を少しも見てくれようとはしなかった・・・。
近くで空いてそうな病院を教えてもらってそっちへ向った。

A動物病院とは駅を挟んだ所にある、K動物病院。

こちらもついてみると日曜午後は休診となっていたけれど、
中にはお客がいて受付けに助手らしき人がいた。

今度こそ助かった・・・!!と思って中に入り事情を説明すると、
こちらは「掛りつけですか?」と、、、。
違うと答えると、先生は今オペ中なので直ぐに見ることはできないし、
日曜日の午後は休診なので無理という事だった。

どちらの病院も「急病ですか?」とさえ聞いてくれない。

・・・どうしようもない怒りで手が震えそうだった。
でも休診は休診だし仕方がない。
平静を装って、確実に空いていそうな病院を教えてもらった。

急いで車に飛び乗って、次の病院へ向った。
途中お水を上げると少しだけ飲んだ。
・・・大丈夫、大丈夫。

K病院から3,4キロの距離なのに、道路が渋滞していてもどかしい。
凛は元気なく横たわって時折グゥゥグゥゥと身体を鳴らしている。
でも私に甘えてこようとする。

ようやく病院にたどり着いた。
救急病院ドクター○ザワ動物病院。
病院について事情を説明し、こちらでも先生がオペ中との事で15分位待ったけれど
凛を看てもらうことができた。
まず、飲み込むまでの経緯を説明し、吐かせた事や嘔吐物にはささみチップが
混ざっていなかった事、そしてボーロとお水を少しあげたことを伝えた。

直ぐにレントゲンを取ってもらったけれど、胃までは落ちてない様子。
原型のまま胃を通り抜けて腸まで行ってしまっているのではと言う事を疑ったけれど
(その場合はとても大変なのだそう)飲み込んで直ぐに様子がおかしくなったことから
それは考えにくいと伝えた。
ただ食道にもそのおやつは写っていなかった為、内視鏡検査をする事にした。
内視鏡検査となると全身麻酔だけれど、そんなこと言っていられる場合では
なかったのでお願いした。

私たちは他に犬も連れていたので、車で待機する事にした。
その間に母や姉に電話をかけて事の経緯を説明した。
何でも話せる姉に伝える時は少しだけ泣きそうになってしまった。

暫らくすると先生が車まで来てくれて、内視鏡で食道に引っ掛かっている事が
判ったので引っ張り出そうとしているのだけれど、全く取れないということだった。
もう30分も続けているので、麻酔の事も考えて切開手術をした方が良いだろうと
言う事だった。

まさかまさか、内視鏡で見付かれば、取ってもらえると思っていたのに・・・。
とりあえず掛りつけの病院の先生に相談させてもらう為に電話をした。
色々と話した結果、掛りつけの病院へ連れてかえるにしてもその間にもっと奥の
臓器と臓器との間の部分まで詰まった物が移動してしまったらより大事になるので、
こちらの病院で手術をお願いした方が良いだろうということだった。
余り奥に入っていなければそう大変な手術ではないので心配ないということで、
こちらの病院で手術をお願いする事にした。

暫らくすると、先生が「取れました」と詰まっていたモノを見せに来てくれた。
それは、噛み割られることなく丸のままの状態だった。

こんなものが詰まっていたなんて、痛かっただろうね、苦しかっただろうね。
小さな身体でよく頑張ってくれたと、胸が締め付けられる思いだった。

麻酔から覚めた凛と会わせてもらう為、麻酔から覚めるまで待った。
手術を終えた凛は首の包帯が痛々しくて、瞳はまだボーっとしていて、
いつもは出さない舌もはみでていた。

呼びかける私を判っているような、いないような・・・。
担当の先生には、凛がどれだけ大事か凛がどれ程特別な存在かを
切々と話してしまった。

一瞬、麻酔の影響でずっとこのままなのではと心配したけれど、
大丈夫だという事だった。
凛はこのまま1週間程度入院が必要なのだそう。

面会は14:00-19:00までらしいけれど、なんせここは八王子の病院。
うちからはとても遠いので、事前連絡をすれば面会時間を調整してくれる
ということだった。

幸いなことに、たまたま明日の月曜日は休みをとっていたので、
麻酔から完全に覚めた凛に会う為に明日また来る事を告げて、
手術の内金を支払って帰った。

自宅に帰って4わんこ達にごはんをあげて、私たちも凛の無事に安堵しながら
その日始めてまともな食事をした。

私の不注意で凛に辛くて苦しい思いをさせてしまった。
私がもっと注意していれば、元気な身体にメスを入れることもなかったのに・・・!!と思うと、
凛に申し訳なくて切なくて、涙が出てきた。

ごめんね、ごめんね、凛。
こんな馬鹿な飼い主だけれど、凛はまだ好きでいてくれるかな。

何より、凛が無事で、助かって本当に良かった・・・!!

明日は毛布と大好きなおもちゃを持っていくからね。

※画像は記事の後日にUPしました。
by kakakaka_dogs | 2006-10-15 23:59 | 犬と医療