犬だらけ
inudarakee.exblog.jp

 
犬だらけ
~ココロノクスリ~

"犬"それは
貴方のココロの処方箋
私のココロの常備薬

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
メインページはこちら
最新の記事
いろいろ
at 2013-01-12 12:26
手作りパン
at 2013-01-10 02:20
おいしい いただきもの
at 2013-01-08 01:44
添い寝
at 2013-01-05 10:05
隠れキャラ
at 2013-01-04 22:52
元日の過ごし方
at 2013-01-02 22:58
Happy New Year..
at 2013-01-01 01:02
LINK オススメのサイト
カテゴリ
記事ランキング
ブログジャンル
以前の記事
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
    © 2012 犬だらけ
ファン
カテゴリ:母の病院( 22 )
母の病院
母の通院の日。
(前回の様子はこちら。)

今回は少し早い14時の予約。
駐車場も珍しく空いていて13時半前には受付を済ませていたけれど、
診察に呼ばれたのは16時。

順番を飛ばされているのかと思ったら周りの人も同じ予約だった。
なんでも午前中の初診診療が長引いて午後の診療が遅れてしまっているらしい。
ようやく呼ばれたときは周りの方々から拍手が。笑

診察では肝臓の数値も若干良くなってきてるそうな。
調子はまだ違和感や痛みなども多少は残っているけれどだいぶ楽になっている
ようで薬の量を調節できるほどになっているので、順調に治療できているみたい。

ただ気になるところがあって、膝の裏の色が変ってきてしまっていて相談したところ、
薬の影響でないと100%言い切れないし、また皮膚には影響は出やすいとの事で、
一度近くの皮膚科で診てもらうようにということだった。

待ちくたびれたけど、経過もまぁまぁだし良かったね。

そんな今日はゆんゆんの8歳のバースデー。
何か作ろうと思ったけど遅くなってしまったので、改めてお祝いするから許してね~。
e0059267_4321948.jpg

by kakakaka_dogs | 2012-11-15 04:00 | 母の病院
母の病院
今日はリウマチの診察。
(前回はこちら。)

エコー検査の結果も出ていた。
まぁ、肝臓に脂肪がついてますね。と。

関節の痛みはまだあって、起き上がるときなどに苦労してる状態。
先生が細かく手や足の関節の痛みや腫れをチェック。

また毎回血液検査と尿検査を行うのだけれど、
今回の肝臓の数値も多少良くないけど前回と変わらない感じ。

薬を増やしたいところだけれど肝臓の状態も考えるとまだということで、
とにかく少し痩せないとねという事だった。
私も一緒に注意を受けている感じ。笑

またリウマチに関してのアンケートの協力を依頼されたので快く引き受けた。
同じく苦しんでる人の役に立てるのなら。

先生は検査で原因が判明しない人など色々な人がいてそいういう人の為にも
ぜひ協力して頂ければという話の中で、母も色々苦労したよねという感じの話
し方をしてくれて、『あぁ、この先生は全部判ってくれてるんだ』と嬉しかった。

でも先生の話は最初アンケートだとは思わず、症状が落ち着いたら近くの
病院を紹介するから通ってという話かと思って一瞬ヒヤヒヤしたけど。
この病院の患者数などの説明からだったので・・・。ε=(´o`〃)

また母は結構頑固な便秘のため下剤も処方してもらっていたのだけれど、
それを処方してほしいとお願いしたら今服用している下剤は飲み続けると
腸の機能が低下する為辞めた方がいいということで、長期服用がしても
大丈夫な便を軟らかくする下剤を処方してもらった。

そんなこと他の病院では言われなかったから驚いた。
こういった説明もして頂けるのは本当に助かります。

みんなでダイエットしないとねぇ。(;´Д`A ```

次回は5週間後。
by kakakaka_dogs | 2012-10-11 19:22 | 母の病院
母の病院
今日はエコー検査の日。
(前回はこちら。)

今日は膠原病リウマチ痛風センターではなくて、東京女子医科大学病院の総合外来へ。
こちらの建物はとても綺麗で近代的だわー。

予約していたこともあって時間よりも早く検査してもらえた。
今日は検査のみで会計も次回の診察時に支払うので1時間程で終了。
結果は10日程で郵送されてくるらしい。

そうそう、超音波ってUltraSoundっていうのねー。笑
確かに、ウルトラなサウンドだもんね。(´▽`*)ハハ
by kakakaka_dogs | 2012-09-19 18:07 | 母の病院
母の病院
再転院後、2回目の通院。(前回の様子はこちら。)
今回は私が付き添い。

数日前に前回(初診時)の血液検査で肝臓の数値が悪かったようで、
リウマチの薬を飲まないようにと先生から直接電話で連絡があったため
薬を中断していた。

毎回、血液検査と尿検査をすることになっていて、その結果が出てからの診察となる。

私は先生とは初めての対面だった。
先生は独特の雰囲気はあるけれどなかなか感じの良い方だった。

というのも、母の事をきちんと診察し(当たり前?)私たちの質問にもしかっりと答えてくれる。

母の肝臓の数値が悪かったことについて、リウマチの薬で肝臓が悪くなってしまう事が
あるらしいのでその影響かと思い聞いてみたら、先生の見解では薬が原因ではなく、
肥えてる(笑)のが原因っぽいとの事。(ハズカシ~)

母が何か肝臓に良い食べ物はないか先生に質問したので、
私がすかさず母に「食べ物とかの問題じゃなくて痩せないとだめってことじゃん」と
言ったら先生が「だめってことじゃん。」って。`;:゛;`;・(゜ε゜ )ブ-------ッ

ちなみに私までニヤニヤされながら注意された感じ。笑
(先生の目がそう言ってた。)

取りあえず後日腹部のエコー検査をすることになった。

肝臓の数値が悪くても薬は飲めるそうでストップになった薬も再開することになった。

この先生となら母も安心して治療に望めそうだね。
by kakakaka_dogs | 2012-09-13 21:58 | 母の病院
母の病院(再び転院)⑱
前回まで通っていた病院で紹介状を書いて貰った。
(前回の様子はこちら。)

そして今日が新しい病院

東京女子医科大学 膠原病リウマチ痛風センター

の初診。(付き添いは妹。)

診察ではまず先生からの第一声。

「ステキな紹介状ですね。」(先生ガハガハ)

(・ー・)ん~?どーいうことでしょ?
母も妹も突っ込めなかったらしいよ。笑
私だったらどう書いてあるのか聞いたのにぃ~。

血液検査と尿検査やレントゲンなどの検査をしたらしいのだけれど、
血液検査・尿検査の結果を見る前にレントゲンだけで、

「ズバリ、リウマチです。」(身を乗り出し気味に。笑)ですって。

おぉーー!病名が判明したよ!
しかも、

「かなり前からの発症で、既に左の足首は骨が固まってますね。」と。

確かにレントゲンでもわかりにくいらしいのだけれど、左右の足の骨を比べたら
左の足首は隙間が空いていないといけない部分がくっついていているそうで、
骨が溶けだして固まってしまっているということだった。

今までの病院でも関節などはもちろん足首のレントゲンもとってたよね…。

しかも服用しているステロイドも痛みを抑えるためには必要だけど飲むことは、

「百害あって一利なし」と断言されたそうな。

まぁ、ステロイドで痛みはだいぶ治まってくれたけどね。

極力ステロイドは飲まないように、そしてステロイドもこれから飲むと予想される
リウマチの薬も骨に良くないので骨粗鬆症の薬も始めることに。

前の病院では骨粗鬆症の検査なんて必要ないし、ステロイドについても強い薬では
ないと言われたよ。(強い口調で。)

骨粗鬆症の検査については、掛かりつけの薬剤師さんから言われて伝えたのだけど。

今回の先生は指を一本一本丁寧に触って確認されて(今までなかった)、
母はまだ左の足首のみ骨が固まっている状態なので、これ以上進まないように
治療していきましょうという事になった。

ステロイド薬も炎症や痛みがひどい時のみ服用するようにということになった。
その時もきちんと診察して判断するという事に。

言いづらかったし嫌な思いもしたけど病院を変えた判断は正しかったと思う。

病院をころころ変えると良い目で見られなかったりもするけれど、
母はこのまま同じ病院に通っていたら左足だけでは済まなかったかもしれない。

この病気は早期発見できれば症状を抑える治療はできるけど、
一度固まってしまった骨をもとに戻すことはできない。

そして「ころころ」なんてそんな簡単に病院を変えてるわけじゃない。(前の先生の言葉)

納得のいく診療を選ぶ権利はあるのだからそれを悩む必要なんてないよね。

こちらの病院へ変わっても病名ははっきりしないと思っていただけに、
拍子抜けしたけれど良かった。
骨が固まったといっても母は普通に歩くこともできます。
最近ははまた症状が出てきて辛そうだけれども。

治療方針も見えてきて不安は少し軽くなったね。

以下、通院歴のまとめ。

+++ 通院記録 ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

2月頃に手足のむくみや筋肉のこわばり、関節の痛みが出る。
動くことも困難で痛みで眠れない日が続くほどになってしまった。
持病で通っている病院ではわからず、掛かりつけのクリニックに紹介状を書いてもらう。
(紹介先の病院はこちらから指定。)

順天堂大学医学部附属 練馬病院

【 総合診療科 】
 ・血液検査・・・異常なし(持病以外)
 ・レントゲン・・・異常なし→ありだった?(でも総合診療科の為やむを得ない?)
 ・ガリウムシンチ検査・・・体中の関節に炎症が起こっていると判明

 私たちの質問などにも耳を傾けてくれ丁寧に説明してくれる良い先生だった。
 そしてガリウムシンチ検査を受けさせてもらえたことは正解だった。

 隠れリウマチを疑い、別の科のリウマチ科の受診を勧められる

 受診記録はこちら。
   

F75C.gif

【 リウマチ科 】

 総合診療科で検査した結果をそのままチェック。
 ・血液検査・・・異常なし(持病以外)
 ・レントゲン・・・異常なし→見落とし?
 ・ガリウムシンチ検査・・・体中の関節に炎症が起こっていると判明

 血液検査の結果でリウマチを疑う数値が正常だったため治療できないと言われた
 (私にできることは何もないという事だった。)

 受診記録はこちら。
 

F75C.gif

日本大学医学部附属板橋病院(日大板橋)

【 整形外科 】
 順天堂での検査結果をすべて引き上げて持参し、
 さらにこちらでもレントゲンも撮ったけれど発見してもらえなかった。
 (医師が1度交替になり、2名の医師がチェックした。
 私が見ていた限りでは2人目の医師は封筒からレントゲンを少し持ち上げて
 さっと見ただけだった。)

 ・血液検査・・・異常なし(持病以外)
 ・尿検査・・・異常なし(持病以外)
 ・レントゲン・・・異常なし(見落とし?)

 ステロイドでだいぶ症状は改善されたけど完全には良くならずリウマチとは
 診断されないまま、取りあえずリウマチの薬を試してみることになった。
 でもこの薬が合わなかったらしく体中に蕁麻疹が出てしまい中断。

 これがリウマチの薬の中で一番弱いものだったらしい。(今回の病院の先生曰く)

 皮膚科の先生は信頼できたけど、整形外科の先生とは合わなくて治療に対して
 も前向きな姿勢が感じられず病院を変える事を決意した。

 ただ、処方されたステロイドにより痛みから解放された事は助かった。
 根本的な治療ではなかったけど、一時は出かけられるほど改善したので。


 受診記録はこちら。
  ~ 

【 皮膚科 】
 母はアレルギーにより発疹ができることがあり、今回の症状から乾癬という病気でも
 似たような症状が起こるということで皮膚科も受診した。
 ただこの時は既にステロイドを服用していたので検査ができないということで、
 今後薬を服用していない状態で発疹がでた時に検査しようという事になった。

 その後、整形外科で処方された新しい薬が合わず蕁麻疹が出てしまい細胞検査をした。
 
F75C.gif

東京女子医科大学 膠原病リウマチ痛風センター

 今回の病院。
 半年近く掛かっても診断できなかった病名がレントゲンのみで判明。
 (血液検査&尿検査もしたけれど)

最後に。

検査の結果や症状が少しでも違ったら、担当医が違ったら、
もしかしたらまた違った診察経過になったかもしれない。
愚痴ったりもしたけれど、あくまでもうちの場合はこうだったということで。

どの病院も高い技術をもった良い病院なので必要であればまた受診すると思うし、
他の症状の場合や科が違う場合などは今回の事は関係ないので。
合わないと思った医師のところにはいかないと思うけど…。

でもまぁ、病気が治ったわけではなくようやくスタートラインに立ったといったところかな。
それでも、前向きな気持ちになれたね。

そうそう、妹が病院帰りに池袋の新宿高野でスイーツを買ってきてくれた♪
e0059267_1119737.jpg
美味しいわ♪
by kakakaka_dogs | 2012-08-30 16:25 | 母の病院
母の病院⑰
病院を変えてから13回目の通院。(前回はこちら。)

暫く薬をやめていたけれど、最近また関節の痛みやむくみ、こわばりなどの
症状が出てきたので再び病院へ。

母は膠原病やリウマチなどの症状にあてはまるけど血液検査などでは陰性で、
病名の診断がされていない(できない?)状態。

ただネットで調べると、同じ症状で検査結果が陰性で診断がはっきりせずに
苦しまれている人の多いこと!

陰性でも運よく知識・理解のある医師にかかることができた人もいれば、
動けない日もあったり関節の痛みなどで苦しんでいるのにストレスなどで
片づけられてしまっている人など様々。

検査結果で陽性だったので治療ができて良かったという人もいて、
陽性だったことが良かったなんて言わないといけないなんてつらいね。
でも確かに母も結果に出てくれたらと思ったものね。

母の場合も積極的には診察してもらえてないのだけれど、ガリウムシンチ検査
身体中の関節に炎症が起こっていることがわかったのでまだましなんだろうね。

日々色々調べているのだけれど、リウマチ科は外科だけでなく内科もあるそうな。
今は検査結果が陰性でも早め早めに治療しておくことが重要なので、
やはり信頼できる専門の病院で診てもらいたい。

膠原病・リウマチだけでなく線維筋痛症という病気も疑わしいので気になってるし。
線維筋痛症に関しては知識のない医師も多いらしいからね。

ということで、当面の薬と紹介状を貰いに行った。

ここへ通うのも最後だけど最後まで最悪だったよ。

続きはこちら。(以下、愚痴あり。)
by kakakaka_dogs | 2012-08-08 09:31 | 母の病院
母の病院⑯
病院を変えてから12回目の通院。(前回はこちら。)

先日の皮膚科の検査結果を持って今日は整形外科へ。

検査結果が出てから整形外科を受診しないと意味がなかったので、
整形外科で処方されていた薬がきれていた状態で数日を過ごしていた母。

先生にはやはり追加した薬が原因らしいということと、数日薬がない状態で過ごしたところ
手首や足首などはまだ違和感があるけれど、薬を飲んでいる時と飲んでいない数日の
状態はあまり変わらないという事を伝えた。

その結果、暫く薬をやめてみることになった。
まぁ、状態が変わらないんだったら飲まない方がいいもんね。

ひどい時と比べたら全然良くなったけれど、未だに原因は不明なまま。
何一つハッキリと判ったことはないし、症状も完全には治まらないけど、
時間が治癒してくれるといいね。

また、違和感が大きくなったら直ぐに病院へ行かないと行けないけれど、
とりあえずひと段落ついたのかな。
by kakakaka_dogs | 2012-06-26 14:07 | 母の病院
母の病院⑮
病院を変えてから11回目の通院。(前回はこちら。)

皮膚科の細胞検査の結果を聞くために病院へ。

検査結果で明確に何かが出たというわけではないのだけれど、
検査結果と現在の状態からみた先生の判断としては、
やはり新しく追加された薬が原因だと思われるという事だった。

まぁ、事実薬を飲むのをやめてから治まってるからね。

また、昨日母は胸のあたりが急に痛みだして1時間程で治まった
らしいのだけれど肋間神経痛ではという事だった。
数日して疱疹が出てくるようだったら帯状疱疹の疑いもあるのだとか。

こちらについても様子をみるしかないもんね。
by kakakaka_dogs | 2012-06-21 13:56 | 母の病院
母の病院⑭
病院を変えてから10回目の通院。(前回はこちら。)

今日は皮膚科。
先日検査で細胞を採取した時に切開した部分の抜糸に来た。

検査結果はまだ出ていないようで、抜糸のみで終了した。

検査結果を聞けると思ってたけど暫く時間が掛かるらしい。
by kakakaka_dogs | 2012-06-07 08:47 | 母の病院
母の病院⑬
病院を変えてから9回目の通院。(前回はこちら。)

母の蕁麻疹(アレルギー)は薬が原因と思われるため、
担当の先生に診てもらうために今日も病院へ。

診察内容

「この薬やめて様子をみましょう」(もうすでに飲んでいない)

以上。

本当にこれだけ。
他の薬もまだ十分あるので、原因と思われる薬を飲まないというだけ。

さすがに悪いと思ったのか「わざわざ、すみませんでしたね。」と。
まぁ、予想通りだけどね。
by kakakaka_dogs | 2012-06-05 08:45 | 母の病院