犬だらけ
inudarakee.exblog.jp

 
犬だらけ
~ココロノクスリ~

"犬"それは
貴方のココロの処方箋
私のココロの常備薬

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
メインページはこちら
最新の記事
いろいろ
at 2013-01-12 12:26
手作りパン
at 2013-01-10 02:20
おいしい いただきもの
at 2013-01-08 01:44
添い寝
at 2013-01-05 10:05
隠れキャラ
at 2013-01-04 22:52
元日の過ごし方
at 2013-01-02 22:58
Happy New Year..
at 2013-01-01 01:02
LINK オススメのサイト
カテゴリ
記事ランキング
ブログジャンル
以前の記事
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
    © 2012 犬だらけ
ファン
冬支度&ホビー
最近寒い日も多くなってきたので、ソファーに暖かい敷物を敷いたり、
わん用の暖かい長座布団のカバーでも作りましょ。

数年前に買った安価なミシン(1万8千円したかしら?)を引っ張り出してきた。
e0059267_15234187.jpg
薄い布は問題なく縫えるけど布の端の折り込んだ部分などは引っかかる事が多くて、
いつも苦戦しちゃうの。

布を送る力も弱く、縫っている最中もミシン本体が動いてしまったりするのだけれど、
使う頻度やまっすぐ縫う事ができない私の不器用さなどを考えると仕方ないと思っていた。

フリース生地の両端をまつって後は筒状に縫うだけというところで縫い始め数回で、
ミシンが大きな音を立てて糸が絡み出すようになってしまった。

何度やり直しても直らず、ネットで調べながらはずせるところははずしてみたけれど
駄目だった。
こんな途中でぇー!?

やりだしたら止まらないタチなので、近くですぐみてくれる修理屋さんを探してミシンを
持っていくとボビンをセットする部分(ネジで外せるところ)のさらに奥の部分を分解しないと
いけないらしく、最低でも6千円はかかるそうな。

しかも、また同じ現象が起こる可能性があるという事で少し考える事に。
とりあえず母のミシンを借りる事にした。
e0059267_15273094.jpg
なんと1980年モノのリッカーのマイティ80。
e0059267_15274163.jpg
30年以上前のミシンで、製造会社のリッカーはだいぶ昔になくなってしまった。
そうだよね、私が物心つく頃には家にあったもんね。

プラスチックのカバーなどはところどころ割れたりしてセロテープでとめてたりするけど
段差なんて何のそのグイグイ布を送ってくれるし力強く縫っていく。

まだまだ十分働いてくれる頼もしいミシンだ。
しかも落ち込むくらい自分ってつくづく不器用だなと思っていた、
まっすぐ縫えないということが全くなくてスイスイとまっすぐ縫えたの。

母のミシンを何度か使ったことはあったけど、使い比べた事ははじめてだったので
その違いを実感した。

ただ薄手の生地は問題ないのだけれど、厚手の生地の時の糸調子の調整が必要だね。
ネットで同じミシンを何台も修理されているお店を見つけたし、まだまだ活躍してくれそう
なので、私のミシンの修理はやめてこのミシンをメンテナンスする事にしよう。
うち以外でもこのミシンを直して使っている人もいるのだしいいミシンなんだね。
もっと古いミシンだって未だに活躍してるミシンもたくさんあるもんねぇ。

私のミシンは一度も修理せずに処分するというのも何なんだけど、
その方がずっとずっと価値があるよね。

サクサクと内カバーと外カバーを縫い上げて、e0059267_153047.jpg
e0059267_15302358.jpg
ソファー型カドラーのクッションカバーもおそろいで作った。
e0059267_15304218.jpg
杏ちゃんはいつも一番乗りだね。
e0059267_1531999.jpg
e0059267_15312436.jpg
みんなにも好評だった。
e0059267_15315441.jpg
暖かいかな?
by kakakaka_dogs | 2011-11-10 14:26 | 犬と日々